あなたの物流アドバイザー MONOLIX

株式会社モノリクス

例えば、物流現場でこんな悩みありませんか?

コラム
齋藤紀之(さいとう のりゆき)

齋藤紀之(さいとう のりゆき)

代表取締役社長 兼 物流機械アドバイザー
特技:レゴブロックとパワポを使ったアイデア機械の構想
趣味:剣道(息子と毎週通っています)

物流現場でこんな悩みないですか?

 

工場と工場の間を渡ることって、ありませんか?

 

■「食の安全」「ハサップ」「異物混入」などを水際で防ぐために

 
工場の外に出てまた中に入る。その渡り廊下は、外ですか?屋根はありますか?壁はありますか?
せっかくキレイな工場内のキャスター台車も外に出ると車輪が汚れてしまいます。
汚れた車輪で屋内にそのまま入るんですか。非常に危険ですね。
「食の安全」「ハサップ」「異物混入」などを水際で防ぐためには、車輪を履き替える必要があります。

 

靴を履き替えるように、キャスター台車を履き替える。
屋内→屋外→屋内 を自由に行き来したいのにその都度台車から台車へ積み替えるって、ありえませんね。
でも、外履きで家の中に入ることと一緒ですよ。

 

過去の関連記事 土足厳禁!? キャスターも履き替えhttps://www.raku-logi.com/2015/10/168

 

車輪を洗う。粘着で汚れを取る???
正直、キャスタ―の汚れは地面接触面だけではありません。
キャスターの側面、車輪軸の周り、天板の裏など、結構汚れていますよ。
ちょっと通過時に洗うなんて、無理無理・・・ じっくり洗うか、履き替えるかが確実です。

 

キャスター台車を履き替えましょう。
それが、食の安全の常識です。

 

キャスター台車を履き替えが楽になる:https://www.raku-logi.com/2018/04/308

 

;